ファイアーエムブレムif攻略サイト

育成のポイント

育成のシステムや効果的な利用法をご紹介します。具体的な育成方法については、「白夜王国のおすすめ育成」「暗夜王国のおすすめ育成」「透魔王国編のおすすめ育成」をご覧ください。

育成の基本

ファイアーエムブレムifは、スキルや武器の効果でダメージが激しく増減します。こちらのターンでは事前にダメージを数値で確認できますが、敵のターンで受けるダメージは計算しにくいので、とにかくステータスを上げるのが基本です。基本戦術が防陣で、少数精鋭にすることで経験値を集中させます。

ステータスの上昇量は、ユニットによる差が大きいです。「仲間の成長率」で優秀なユニットを探してみましょう。強引に成長させる「裏技」もあります。

難易度ルナティック用の育成

難易度ルナティックでは、暗器攻撃などによる能力低下効果からの回復速度が非常に遅いです。守備力で耐えるという基本戦術が通用しませんので、難易度ルナティックではルナティック用の育成が必要になります。

一番使いやすいのが、回避率を高める育成です。特に、ボウナイトの[暗器殺し]は重宝します。ボウナイトには、ラズワルドやゼロとのバディプルフを利用するのがおすすめです。

ボウナイトになれないユニットには、魔戦士の[心頭滅却]が便利です。魔戦士は、別ルートのシナリオをダウンロードすることで、水晶玉の「ルート購入ボーナス」を利用できるようになります。

誰を育成するか

王族のユニットは、専用武器や成長率や固有スキルで他のユニットよりも優れています。誰を育成するか迷ったら、取りあえず王族を優先しておけば間違いはありません。

竜脈値の使い道

マイキャッスルで建物を建てるのに、竜脈値を消費します。序盤は竜脈値が余りがちですが、最終的に余裕はなくなります。

武器屋Lv3、道具屋Lv3、練成屋Lv2、闘技場Lv2を建てたら、残りはできるだけ人物像に使いましょう。人物像Lv3があると、全員の能力の上限が少しずつ上がります。

最強の武器

ゲーム終盤で最強の武器を入手しますが、それよりも銀製の武器を練成した方が強くなります。個数に制限はありますが、特効のついた武器も売られています。これらも、練成するとかなり強くなります。大金が必要になるため、白夜王国や透魔王国の方が利用しやすいです。詳細は、「武器の一覧」をご覧ください。

難易度ルナティックの場合、能力低下効果から回復速度が遅いですので、主力ユニットは銀製品を避けた方が良いです。

手槍や魔法武器のような「必殺なし」の武器は、戦闘中に確率で発生するスキルも発生しなくなります。これらの武器を主力として利用する場合は、取得スキルの段階から計画した方が良いです。

クラスチェンジのタイミング

クラスチェンジしてもレベルが下がりませんので、下級職はレベル20までしっかりと上げた方が良いです。

別系統の兵種のスキルは、クラスチェンジ後にレベルアップする度に1つずつ覚えます。上級職から別系統の上級職にクラスチェンジした場合は、下級職のスキルも含めて、1つずつ順番に取得します。

また、兵種によって成長率が変化しますので、別系統の兵種にクラスチェンジする場合は、クラスチェンジするタイミングも考慮に入れた方が良いです。例えば、グレートナイトとパラディンのスキルを取得する場合、防御をより大きく上げたいならグレートナイトの期間を長めに、魔防をより大きく上げたいならパラディンの期間を長めにすると良いです。

結婚

支援レベルSに上げると、その相手と結婚します。結婚すると、配偶者の兵種(別系統は対象外)もマリッジプルフで選択できるようになります。ユニットによって支援レベルが上がる相手と上がらない相手がいますので、事前に「支援会話」で確認しておくと良いです。

結婚後に外伝が発生し、そこで子供が仲間に加わります。子供の名前と固有スキルと初期兵種は父親で決まり、母親の兵種はパラレルプルフで選べます。また、外伝選択時に両親の最後尾にあったスキルが1つずつ子供に受け継がれます。重要なスキルがあったら、「進撃準備」の「スキル着脱」で最後尾に並べ替えておきましょう。

マリッジプルフとバディプルフの違い

異性と支援レベルSになると、結婚してマリッジプルフが使えるようになります。同性と支援レベルA+にすると、バディプルフが使えるようになります。支援レベルSも支援レベルA+も、1人1つずつしか選択できないのですが、支援レベルSが双方向なのに対し、支援レベルA+は片方ずつ対象を選択できます。恋愛に例えると、異性は両想いで、同性は片思いです。

  マリッジプルフ      バディプルフ
                  リョウマ
     サイラス       支援A↑↓支援A+
   支援S↓↑支援S       サイラス
      ヒノカ        支援A↓↑支援A+
                  スズカゼ

上図が具体例です。サイラスがヒノカと結婚すると、双方が支援レベルSの状態になりますが、リョウマがサイラスを支援A+に設定しても、スズカゼもサイラスを支援A+に設定することができます。同性なら、1人の効果的な兵種を皆に拡散することができます。

能力の上限

兵種にもよりますが、苦手な能力は30前に上限に達し、得意な能力でも40くらいで上限に達します。竜脈の項目でも書きましたが、積極的に人物像を建てて、能力の上限を上げましょう。詳細は、「能力上限」をご覧ください。

レベル上限

マイキャッスルの道具屋Lv3には、エターナルプルフが売られています。レベル上限に達したユニットがこれを使うと、レベル上限を+5できます。

特定のユニットに経験値を集中させていると、ゲーム終盤でレベルが上限に達するはずです。レベルが上限に達しても、上限に達していない能力がいつくかあるはずですので、積極的にエターナルプルフを利用しましょう。

能力アップか上限アップか

天使の衣や力のしずくを使うと能力が上がり、エターナルプルフを使うとレベル上限が上がります。ほとんどの能力が上限に達していない限り、レベルアップ5回で合計6ポイント以上能力が上がるはずですので、価格的にはエターナルプルフの方が得です。

ファイアーエムブレムif攻略

白夜・暗夜・透魔の比較

みんなの評価

登場人物と兵種

白夜王国の兵種

暗夜王国の兵種

白夜王国のユニット情報

暗夜王国のユニット情報

子供ユニットの情報

防陣の効果

支援レベル検索

仲間の成長率

能力上限

武器の一覧

システム解説

育成のポイント

おすすめスキル

白夜王国のおすすめ育成

暗夜王国のおすすめ育成

透魔王国編のおすすめ育成

小技・裏技情報

ストーリーのネタバレ